スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ご案内】Tokyo TEEN Cohort講演会(6月8日(土)@世田谷区烏山区民会館ホール)

東京都医学総合研究所の山崎先生から、お知らせをいただきました。

ご関心のある方がいらしたら、いかがでしょうか?
Light Ring.スタッフも複数参加予定です!

■------------------------------------------------------------------------
      Tokyo TEEN Cohort 講演会
    「信頼し合う力を育むために」(ご案内)
------------------------------------------------------------------------■

Tokyo TEEN Cohort( http://ttcp.umin.jp )は、10歳児童とその養育者を
対象とした大規模思春期縦断調査プロジェクトです。
Tokyo TEEN Cohort では、このたび、長谷川眞理子先生と山岸俊男先生を
講師に、一般向け講演会を実施します。

みなさまふるっておいでください。
会場の都合上、事前のご登録をお願いいたします。

■日 時:平成25年6月8日(土)14:00~16:00(13時30分開場)
■会 場:烏山区民会館ホール(東京都世田谷区南烏山6-2-19)
     http://www.setagaya.co.jp/kuminkaikan/karasuyama/

■プログラム

 司   会  安藤 俊太郎(公益財団法人東京都医学総合研究所)
 開会 挨拶  笠井 清登(東京大学医学部附属病院)
 特別講演1  長谷川 眞理子(総合研究大学院大学)
        「進化的に見たヒトの思春期の大切さ」
 特別講演2  山岸 俊男(東京大学大学院)
        「信頼しあう社会とは」
 閉会 挨拶  飛鳥井 望(公益財団法人東京都医学総合研究所)


■参加登録

本講演会への参加には事前申し込みが必要です。下記事項をご記入の上、
Emailにてお申し込みください。一度に複数名の登録も可能です。

1.「講演会申し込み」
2.講演会を知った経緯(学会MLなど)
3.お名前(小学生以上に限ります)

Email: tokyoteen2012@gmail.com

【緊急募集】ソーシャル・サポート力養成講座 特別体験モニター(10名)

■------------------------------------------------------------------------
 ソーシャル・サポート力養成講座
 リニューアルモデル 特別体験モニター募集(10名)
------------------------------------------------------------------------■

Light Ring.では身近な人の心を支える”支え手”を支援し、
予防の観点から心の病の社会課題解決を目指す事業を展開しています。

その1事業である、身近な人の心を支える基礎力を学ぶ
「ソーシャルサポート力養成講座」を今回リニューアルいたしました。

現在、リニューアル講座を体験いただき、感想やご意見をいただける、
”特別体験モニター”を緊急大募集しています。

この機会に、お試し参加体験してみませんか?

【1】日時 

 5/25(土)9:00〜15:30

【2】場所 

 東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル6F
 株式会社ガイアックス(JR五反田駅から徒歩約6分)
 http://goo.gl/maps/Qjhjo

【3】料金 

 15,000円 <今回のみ無料>

【4】参加登録
※20代の方を限定にしています
 本講座への参加には事前申し込みが必要です。
 下記事項をご記入の上、Emailにてお申し込みください。
 Email:alight.kikutomo@gmail.com

 (1).件名「5/25 ソーシャル・サポート力養成講座申し込み」
 (2).お名前
 (3).当日のご連絡先 「電話番号orメールアドレス」
 (4).【当てはまる選択肢を残してください】
  現在、特定の身近な人を(支えている・支えていない)
 (5).備考

【5】〆切 
  5/24(金)23:59

【6】備考 
 (1)当日カメラ撮影を行います。
   撮影をご遠慮されたい方は事前のお申込み時の備考欄に「撮影NG」とご記入をお願い致します。
 (2)スケジュールの関係上、お昼休憩の時間が30分となっております。
  事前に昼食をご用意の上お越しいただけたら幸いです。
  (3)途中参加及び途中退席はご遠慮いただいておりますので何卒ご了承ください。

 不明点やご質問などがありましたら、alight.kikutomo@gmail.comまで、お気軽にお問い合わせください。

 身近な人の心に寄り添う”支え手”に関心のある、
 皆さまにお会いできることを、心待ちにしています。

【聴くトモ】自分に寄り添う


外を出ると街を歩くひとの服装が春服。
さわやかで大変よろしい。

こんにちは。カズです。

前回ブログにて、
寄り添うのゴールはどこなんだろうということを書きました。

その流れで、今回も寄り添うことについて
ブログを書きながら考えてみおうかと思います。


誰かに寄り添っている、寄り添われているという自覚はもちにくいものだと思います。
寄り添おうと思って行動してることも少ないのではないかと。
あくまで振り返ったときに、「寄り添う」というフレームができるのではないかと、思うわけです。


そんな無意識で行われる寄り添う行動、

それを行えるひとは、
自分にも寄り添えるのではないかなと最近思うわけです。
なにせ無意識なわけですから。


寄り添いをするひとは、
感情を抑えることに努めるだけでなく、
その前後に見え隠れするニーズと
認識すべきファクトを探しているんだと思うんですね。


だから、自分が、怒り、哀しみを持ったときに、
その感情を表面的に抑えるだけでなく、
その経緯を探ろうと、向き合おうとするんじゃないですかね。


自分の感情と向き合うのは
かなりのエネルギーを消費をすると思います。


知りたくない自分と出会うかもしれません。



怒りや哀しみは抑えつければいいわけではないんじゃないか、ってことです。
その感情に寄り添ってみることで、
安心が得られるのではないでしょうか。


昔だれかに、
怒りや哀しみがでたときには、
自分のなかにいる小さな自分がそうなっていると思いながら、
どうした?とその自分に話しかけていくことで
徐々に落ち着いていき、客観的に捉えて自分に寄り添うことができると
聞いたことがあります。

それは結構そうなんじゃないかな、と今でも思っています。



はい、突然ですが、ブログは以上です。
今回言いたかったことは、最後の部分です、終わり:D
プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。