スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【12/19~1/13】聴くトモ養成講座を実施しました!

聴くトモボランティア養成講座を実施しました!

前回エントリ参照

こころの病予防プロジェクトa.lightでは1月から開始する
「聴くトモプログラム(前:コミュニケーションコンサルタントボランティア(CCV)事業)」
にて活躍できるスタッフを育成するため、
「知識」と「実践」を兼ね備えられる研修および筆記・実技試験を実施いたしました!(全3回研修&試験1回)
各メンバーは12/28の専門家の監修の試験を経て、正式に計6名が合格となりました!


★協力して頂いている先生方のご紹介★

CC1

【実践編講師】プロフェッショナル・コーチ 井原くみ子(いはら くみこ)
「わたしは、笑顔であなたを軽やかに勇気づけ寄り添うコーチです。」

経歴 (参照:http://www.kimochi-kumiko.com/

大学では社会福祉を専攻した後、
身体障害者療護施設にて保母として勤務しながら、実践を通してカウンセリングマインドと心のケアを学ぶ。
結婚により子育てに専念した後は、末子の幼稚園入園を機に営業職に就き、
13年間お客様の話を聞くことに徹した営業スタイルで成果を上げてきた。

2001年
: プロコーチングメニュー活動を始める。
2002年
: 株式会社コーチ・トゥエンティワンにて、コーチを育成する業務(クラスコーチ)にも関わり始める。
2004年
: 生涯学習開発財団認定 プロフェッショナルコーチ資格取得 。
2006年
: 国際コーチ連盟 プロフェッショナル認定コーチ資格取得。
  CTIジャパン 応用コース終了。
  生涯学習開発財団認定 マスターコーチ資格取得。
2007年
: 株式会社コーチ・トゥエンティワン シニアクラスコーチ。

コーチングセッション時間は、計4,000時間を越え、コーチングセッションの経験人数も、
個人・企業契約含めて400人以上のセッション経験があります。(2010年2月現在)

DSC02209_convert_20101227184048.jpg

【知識編講師】臨床心理士 森田 先生

研究分野:臨床心理学、特別支援教育、精神神経科学
現在 我孫子市教育委員会教育研究所(スーパーバイザー)、大学講師、大学院にて研究も続けている。


●第一回研修日(日時:12月19日(日)場所:スリープロ株式会社セミナールーム)
10:00~18:00 
a.lightの組織紹介・CCプログラム事業の説明、各自自己紹介
【座学】 こころの病についての基礎知識講座
    (うつ、依存、障害等はどのような病かどういった症状が出るか等)
    (健康な方にはどこまでどのように接するか、危険を感じたときにはどのように対処するか)
・森田講師による専門的知識の講義
DSC02212_convert_20101227233430.jpg

DSC02219_convert_20101227233725.jpg

★傾聴を行う際に気をつけてほしいこと
 『臨床は直観を大事にしなさい』
 「”どう対処していくか”を学んでいこう」
 「あいまいなところに身を置くのを怖がらないでください」

【実践】 ロールプレイング(1:1)
・アイスブレイクの後、傾聴ロールプレイング開始!
DSC02238_convert_20101227234005.jpg

・あえて「心ここにあらず」に聴く。話し手と聞き手はどう感じた?

DSC02260_convert_20101227235403.jpg

<終了後の振り返り>
・「心ここにあらず」のとき、どんな態度をとろうとしたか?→「目を合わせない、時計を見る、相槌が不適当、無表情、他に興味、溜め息をつく、自分からしゃべらない、腕と脚を組む、うつむいている、手遊びする」

・「心を込めて聞く」ときはどうするか?→「目を合わせる、相槌、質問した、真剣、自然にもっと知りたい、身を乗り出した、姿勢、オウム返し、うなずき、目がキラキラ、広がった、余分な動きをしない」

【振り返り】 個別内省用紙に記入、全体で振り返り。
・実際に病気を持つ方の症状がどのようなものか、実際にお会いして理解したいと感じた。
(難しい事とは思うが)
・初めて勉強する事ばかりで難しいと感じたが、頑張っていきたいと思う。

●第二回研修日(日時:12月23日(木)場所:空き地(渋谷区千駄ヶ谷3-52-9 )
13:00~18:00
【座学】
(「傾聴ボランティア」がしてはいけないこと、進んですべきこと)
(良い信頼関係を築けるようになるためには何に気をつけるのが良いか) 
(インテーク時の質問)

傾聴2


●第三回研修日(日時:12月25日(土)場所:上池袋第二区民集会室
13:00~18:00 ロールプレイング(1:1での対面型傾聴)
ロールプレイング(1:1の傾聴を全員でチェックしながら互いにブラッシュアップするグループ傾聴) 
ロールプレイング(学生では対応出来ない方が来た場合や話し手の学生がパニックになった場合の対応、依存性のある方にどこまで接するか、危険を感じたときにはどう対処するか)
 個別内省用紙に記入、全体で振り返り。
<メモ>傾聴→承認→共感 ワーク。互いにアセスメント。相手のフィードバックを見れる形で展開する。

DSC02280_convert_20101228000016.jpg

<傾聴のポイント>
・言葉の地図どう感じるかは人によって違う。
・「否定」→すべてをその人らしさだと思う。
・相手に対して、純真な好奇心とニュートラルな立場で接する。
・見て習う。実際に見て、「移る」ようにする。

DSC02282_convert_20101228000427.jpg

・自分の感情に言葉が付くと「安心」する。
・「誰にも話せないことを話してもらえるだけで安心する」
・「相手をコントロールしようとする人には心を開かない」
・「直そう」「元気にしよう」と思わない。ただ、ありのままを受け入れる。

【試験】
筆記試験30分(全て記述式)(持ち込み不可)、
実技試験1人10分、(主査は井原先生、副査は他の傾聴ボランティア候補生全員)

試験小

こんなかんじでペアになり、1人ずつ審査を行います。
1)「アセスメントチェック」を15項目全てクリアしているか?
2) 直して方が良い点はどこか?
3) 良い点、伸ばしていって欲しい点はどこか?

以上3点を中心に候補者お互いを審査しました。

1月24日~ 合格した6名の傾聴ボランティア(聴くトモ)と(あと2名は別日に受験、合格となりました!)
聴くトモプログラムを実施して参ります!!

集合小

みなさんに傾聴の生む暖かさを届けられるよう、頑張って参ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。