スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聴くトモ】自分に寄り添う


外を出ると街を歩くひとの服装が春服。
さわやかで大変よろしい。

こんにちは。カズです。

前回ブログにて、
寄り添うのゴールはどこなんだろうということを書きました。

その流れで、今回も寄り添うことについて
ブログを書きながら考えてみおうかと思います。


誰かに寄り添っている、寄り添われているという自覚はもちにくいものだと思います。
寄り添おうと思って行動してることも少ないのではないかと。
あくまで振り返ったときに、「寄り添う」というフレームができるのではないかと、思うわけです。


そんな無意識で行われる寄り添う行動、

それを行えるひとは、
自分にも寄り添えるのではないかなと最近思うわけです。
なにせ無意識なわけですから。


寄り添いをするひとは、
感情を抑えることに努めるだけでなく、
その前後に見え隠れするニーズと
認識すべきファクトを探しているんだと思うんですね。


だから、自分が、怒り、哀しみを持ったときに、
その感情を表面的に抑えるだけでなく、
その経緯を探ろうと、向き合おうとするんじゃないですかね。


自分の感情と向き合うのは
かなりのエネルギーを消費をすると思います。


知りたくない自分と出会うかもしれません。



怒りや哀しみは抑えつければいいわけではないんじゃないか、ってことです。
その感情に寄り添ってみることで、
安心が得られるのではないでしょうか。


昔だれかに、
怒りや哀しみがでたときには、
自分のなかにいる小さな自分がそうなっていると思いながら、
どうした?とその自分に話しかけていくことで
徐々に落ち着いていき、客観的に捉えて自分に寄り添うことができると
聞いたことがあります。

それは結構そうなんじゃないかな、と今でも思っています。



はい、突然ですが、ブログは以上です。
今回言いたかったことは、最後の部分です、終わり:D
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。