スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聴くトモ】支えるのゴール

こんにちは。カズです。
新年度も間もなく半月が経とうとする頃ですが、
新生活にはなれてきた頃でしょうか。
自分は変わらなくても、
周りのひとの生活が変わることで
何かしらの変化が生活にあらわれているひとは少なくないかもしれませんね。


さて、
「支える」
ということに関して今日は少し考えてみようかと思います。

支える
っていうと、少しオーバーに聞こえるかもしれません。
皆さんどうでしょうか。

私は誰かを支えないとやってられない
とうずうずしてることは少ないかもしれません。

でも、
支えてあげられなかったかもしれない
と後悔することは少なくないかもしれません。


支えることに関して、
大きなプレッシャーを必要以上に感じなくてもいいんじゃないかと思うんですね。

もちろん感じてしまう場面もあります。

支える、というよりも、
不安を和らげる、と考えると
少し楽に
なります?ならない?どうだろう笑

頼られたときに、支えてあげたい、と思うことがあると思うんですよね。

でも、どこまでいけば「支える」のゴールなんでしょうかね。

相手が笑えばいいのか、
問題解決の手法がみつかればいいのか、
話してるあいだ、楽に感じてもらえればいいんですかね。


個人的には、

悩み相談を受けて、話して、
泣いたり笑ったり怒ったり、
少し楽になった気がしたり安心したり

この対話してる間、
コミュニケーションをとって一緒にいるあいだは
関係性を構築する時間なんじゃないかと。

この一緒にいる時間がおわったとき、
相手が楽に感じていたり、
あのひとに話してよかったなと存在を大きく感じていたり、
また今度話したいなと思ったり、
そういうときこそ、支えられているかどうかがわかるんじゃないかなと。


悩みを相談するときの相手のニーズは様々だと思います。
一緒にいるあいだだけでも楽になりたい
解決策を考えたい
話をとにかく聴いてほしい…

その何かしらのニーズをある程度満たせると、
離れたときにその存在を有難く感じられる、
それが支える支えられるになるのかなと。


うちの代表は過去の経験から、
そばに誰かいてくれることってすごく大切なんだと思う、
っていう話を会って間もない頃にきいて、
ほんとにそう感じたんだろうなと思ったし、
そうだよなって思いました。


誰かを支えたいからといって無理に相手の話を聞き出したりとか、
時々話を聞くけれど時々裏切ったり雑にしちゃうとか、
そういうのは支えようとしてるようにみえるけど、支えてないと思います。
大事なのは、相手にとってどういう存在になるか、だから。


悩みを話さなくてもあの人の話を聞いてると元気がでるんですよね、
こんな関係でも立派な支え手だと思うんですよ。


支えるのゴールがなにかっていうのは
すごく複雑そうな気もしますが、
悩み話を聴くとか何でもいいので、そういうのを通して、
2人の関係性がある程度以上構築されたときなんじゃないかと思うんですよ。
個人的に。
また今度考え直してみます。


新生活、環境がかわって、ごちゃごちゃするこの時期、
ささいなことでもぴりぴりしてるこの時期にとっては影響がでかいです。
そんな時期だからこそ、
支えたいなと思うひとと、
今のこの時期はどんな関係性を築くべきかを少し意識して
接してみてはどうでしょうか。
なんてね。


ではでは。失礼致します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。