スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聴くトモ】支え手としてできること

こんにちは、アライちゃんです。
お正月が来て、もうお年玉はもらうのでなく、あげる側の年齢になってしまったと気付き、少しさみしい気分を味わいました^^;

【自分の手でなんとかしたいんだけど】

大事な人が困っているのを見ると、その人のために役に立ちたい、自分がなんとかしてあげたい、といった気持ちが誰にでも湧きあがってくるものだと思います。

友人の相談に対して、自分が思い浮かんだアドバイスをしたり、友人と話し終えて別れた後ですら、その問題についてふと一人で心配をしていたりすることもあるでしょう。

もちろん共感できない方もおられるかと思いますが、
少なくとも、僕はそういう風に、目の前の相手の問題をなんとかできないだろうかと、必要以上にのめり込もうとしてしまうことがあります。

そもそも自分の目の前の問題にもエネルギーを割かなくてはならないことも多いのに、その上で相手を思いやって(?)他人の悩みまで抱え込んでいると、たちまち疲れてしまいます。。

【結局最後はゲストさん自身の力で乗り越えていく】

聴くトモになり、多くのゲストさんのお話を聴かせて頂いているなかで、結局、最後は1人1人が持っている問題解決への可能性を信じることが一番だ、と気付かせてもらうことができました。

時に僕は、ゲストさんが話してくださる大学なり職場なりで抱えている問題について、お聴きしている中で「この事態は解決に向かうことが果たしてあるのだろうか」とか「このままではゲストさんは体調を崩してしまうのではないだろうか」など、勝手に心配になってしまうことがあります。

しかし、そういった方でも大抵、何度か面談を重ねていくうちに、周りの状況がよくなったり、悩みから解放されて元気になっていたりと、喜ばしい変化を報告してくれるのです。

僕はというと、ただただ、お話を定期的に聴かせて頂いていただけなのですが。

【支え手としての役割とは】

ここまでに書いたように、ゲストさんが抱える困難に立ち向かうなかで、その人の持つ力を信じ、見守り、辛いときにはしっかりと受け止め、そのあとは月日の経過とともに見事に悩みから解放されていく、といった一連のストーリーを見届けることができる、これこそ支え手としての役割であり、やりがいにあたるものだと僕は思います。

特別に自分から解決策を示したり、手を下したりせずとも、相手のことを信じ続けてあげられる存在であることができれば、それだけで支え手として十分な役目を果たせているのでしょう。


【毎週水曜、聴くトモプログラム】
Light Ring.の聴くトモプログラムでは、養成講座を受け、試験に合格した「聴くトモ」が、あなたのお話を60分間、親身に丁寧にお聴きします。

詳細と申し込みはこちら

*Light Ring.のFacebookページはこちら*
https://www.facebook.com/NPOlightring
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。