スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聴くトモ】 伝わりやすい話し方とは?

こんにちは!聴くトモのなべちゃんです。
昨日から後期の授業が始まり、生活リズムを戻さなくちゃ!と焦っています><

先週の日曜日(9/23)は「20代のためのソーシャルサポート力養成講座」でした。

担当者として初期から関わってきたので、とても楽しみな反面緊張してしまい、前日はなかなか眠れませんでした…
でも、参加者の皆さんのおかげで、本番はあっという間で、私自身たくさんのことを学ばせて頂きました。

写真 (1)


(当日はあいにくの雨だったのですが、会場の原宿テラスさんは外にも出られるんです!開放感のある空間で行えて良かったです♪)


今回、私は皆さんの前で説明や進行をする場面が多くありました。

普段、あまり人前でお話しする機会もなく、あがり症なので実はとてもドキドキしていました^^;

参加者の皆さんには満足して頂けてほっとしましたが、自分としては反省点も多く「なおすためにはどうしたらいいんだろう?」と考えていました。

その話をしたときに友達に言われてはっとしたのが
「自分の中に伝えたいことがもっとあったのかもしれないけど」という一言です。

私はずっと「話す順番が前後して伝わりにくかった」「早口になってしまうことが多くて聴き取りにくかった」など、どちらかというと技術的な面を気にしていました。

でも、友達の言葉で、一番大切なのは「伝えたいことをちゃんと伝えられているか」なんだと気付いたんです。

そのためにはまず事前に「自分は何を伝えたいのか」ということを明確にする必要があるんだな、と思いました。

いつもは「聴く」ことについて考える機会が多いのですが、「話す」ために考えたことが聴く上でも役に立つんじゃないかな?と思いました。

たとえば、思考が整理出来ていないために不安感に襲われている方のお話を聴くとき、複雑な情報をまとめてスッキリした形でお伝えすることが求められるからです。

まず「何を伝えるのか」を自分の中ではっきりさせて、そのうえで「どう伝えるのか」についても考えて、もっと皆さんが理解しやすい形でお話できるようにこれからも頑張ります^^


【毎週水曜、聴くトモプログラム】
Light Ring.の聴くトモプログラムでは、養成講座を受け、試験に合格した「聴くトモ」が、あなたのお話を60分間、親身に丁寧にお聴きします。

詳細と申し込みはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。