スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聴くトモ】 自分を伝える

こんにちは!アライちゃんです。
先週は株式会社GaiaXさんのオフィスの一室をお借りしての快適なミーティングでした♪

ありがとうございました!

CA3K00200001.jpg

ちなみに左奥に写っているのが我らが代表です(^^)

ML_CA3K00230001.jpg


さて、ついこの間、mixi上でとある大学一年生の男の子に声をかけられて、お茶することにしたんです。

別に普段はそんなこと絶対しないのですが、彼の自己紹介文がすごい面白くて、なんとなく、会っていい話ができそうかなと思ったんです。

実際に話をしてみると、ホントに意気投合してしまって2時間くらいガッツリ話してしまいました。


【気付かされたこと】
彼と話していて気付かされたことがあって、それは肩書きなしでも自分を伝えていく力(一種のサバイバル能力とでも言うのか)って必要なんだな、というでした。

彼の通う大学は、世間に言わせれば中堅クラスですし、学部も一般にある工学部ですし、所属だけ聞くと彼はどこにでもいそうな単なる大学生です。

しかし、自分を説明する力がすごくあって、自分の夢だとか、夢を実現するに向けての計画であるとか、自分の思考の土台になっているもの、目標としている人物像などがクリアにこちら側に伝わってきました。


一方で、自分を振り返ると、自己紹介のときに医学生であるという肩書きに頼る(無駄に研修制度や教育カリキュラムとか自分にあんまり関係のない話になったりする)ことが多いし、自分のことをわかってもらえるように説明する力がまだまだ足りない気がしています。


【自分の理解者を増やすということ】
自分を説明する力をつけて、理解者が増やすことは、メンタルヘルスを保つという点からもメリットがあると思います。

自分の理解者が増えれば、自分がいざ行き詰ったり悩みから落ち込んでしまった時に、弱い部分をさらけ出して相談できる相手が多くいることになりますよね。

実際に話をしなくとも、自分を受け入れ、支えてくれる人がいるんだと心の中で思い浮かべるだけでも気が楽になると思います。


【終わりのない作業】
そうは言うものの、自分をきちんと他人に説明するための準備は、時間がかかる難しいものだなとも感じます。自分を表現してくれる言葉や理屈は何がピッタリなのか探すのはとても根気が要りますよね。

日々更新されていく自分に追いついていくのも大変だと思います。
昨日まで用意していた自分の説明は今日だと微妙にしっくりこない事もあるでしょう。

自分としてはうまく伝えたつもりでも相手の反応はイマイチ、なんてこともありえます。

僕としてはずっと向き合っていく課題だと思っています。

【毎週水曜、聴くトモプログラム】
申し込みはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。