スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】PIPCセミナー だれにでもできる心の状態チェック

こんにちは、アライちゃんです。先日、医学生や若手医師を対象に行われた、メンタルのプライマリケア(初期のケア)を学ぶ勉強会「PIPCセミナー」に参加してきました!

PIPCとは

内科医が患者さんの精神状態を評価するのに用いる問診リストです。モットーは、「患者さんにストーリーを語らせるのではなく、核心に迫る事柄を手短に答えさせる」「短い診療時間でも、患者さんに話を聴いてもらった気にさせて満足してもらう」です。

問診リスト(一部抜粋)
・過去に精神科や心療内科にかかった経験は?
・職場の人間関係や家族・夫婦(恋人との)関係はうまくいっていますか?
・お酒・たばこの量は?
・よく眠れていますか?途中で目が覚めますか?朝はよく寝られた気がしますか?
・よく自分を責めていませんか?
(*)
・死んでしまった方が楽だと思うことはありますか?
・落ち込んでいるさなかに、突如としてハイテンションになることがありますか?
・周りの人に監視されている、頭の中の考えを見透かされているという感覚がありますか?

PIPC紹介サイト
http://pipc-jp.com/category/1290455.html

PIPCを学ぶ意義

内科医がメンタルケアを学んで意味あるの?と思われるかもしれません。意味は確実にあります。うつ病や不眠など、精神的問題を抱えた患者さんのうち、90%がまず内科医の外来にやって来るというデータがあるそうです。最初から精神科や心療内科に行くのではなく、胃が痛い、胸が苦しいという様な身体的な訴えを内科医にするのです。そこで内科医が、確実に精神的問題を見逃さずに対応し、必要であれば精神科に紹介をする必要があります。
 医療者にとって、精神的問題を抱えた患者さんに対応するうえで障害になるのが、「忙しい」ことです。そういった患者さんの話を本来ならじっくり聴いて差し上げたいところなのですが、時間的に不可能です。本質に迫る質問を患者さんにどんどんして、15分程度で精神状態を評価することができる(患者さんの身体問題はメンタルに因るものか、精神科医に紹介すべきか、などの判断基準になる)という点で、PIPCは有用性の高いツールとなります。
PIPCを受けた患者さん側からすると、短い面接時間であったにも関わらず、医師が親身に話を聴いてくれたという印象を大いに受けるようで、満足度が高まるそうです。

PIPCを有効活用して身近な人を支える

今回ブログでPIPCを紹介させてもらったのも、これが医療者でなく一般の方々でも使える、身近な大切な人を支えるためのツールになると思ったからです。友人が普段と違って不調な様子を見せていたら、話を聞き出す糸口として、上に挙げた質問リストを利用していけばよいのではないでしょうか。無理やり話を聞き出そうとするのはよくないと感じられる方もいるかもしれませんが、質問された側の友人としては、自分のことを心配してくれている、興味をもってくれているという感じが伝わり、気を悪くすることもないと思います。

なお、*以下の質問に対して、イエスの返答がある場合は、自分だけで支えようとするのでは大変な場合が多くなるので、専門家に頼るかどうか(具体的には医師やカウンセラーのもとへ行くよう勧めるなど)の判断基準になると思います。

もちろん医療者でないので、相手の話をじっくり聴ける時間の余裕があれば、相手の話をさえぎって必要な情報だけ得ようだとか、できるだけ手短に終わらせようとかいった部分でPIPCに忠実であろうとしなくてよいと思います。

個人的な感想として、精神科医を目指していなくとも、メンタルの問題に向き合おうとする医学生が数多くいることがわかり、嬉しかったです。問診のロールプレイでは、研修医の先生とペアを組んでいて、医療面接で勉強になるポイントが沢山あり、収穫の多い勉強会でした。
552942_331728553568164_876452148_n.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【報告】PIPCセミナー だれにでもできる心の状態チェック】

こんにちは、アライちゃんです。先日、医学生や若手医師を対象に行われた、メンタルのプライマリケア(初期のケア)を学ぶ勉強会「PIPCセミナー」に参加してきました!PIPCとは内科医が患者さんの精神状態を評価するのに用いる問診リストです。モットーは、「患者...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。