スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月3日火曜聴くトモ@渋谷「法施(ほうせ)」

火曜日、聴くトモ、てんこうです。
今日はとても良い天気。

あらため3


しかし昨日は凄い嵐でしたね。
皆さんは大丈夫でしたか?
私は早々と帰宅命令が出て
自宅へと帰りました。
ツイッター上でやりとりしている方の中には
バイトへ行かなくてはならない方もいらっしゃっいました。
本当にお疲れ様でした。
昨日は悪天候だったため、聴くトモを臨時休業させて
いただきました。
また来週から通常通りになりますのでよろしくお願いします。

さて、今日は法施(ほうせ)について書きたいと思います。

3-138.jpg


法施とはお釈迦様の教え(法)を皆さんに施すことです。
私は僧侶であり、いろいろな人の前でお話させていただく機会があります。
おじいちゃん、おばあちゃんの前で話をしたり、20代の若い人たち
に話をしたり年代は様々です。
皆さんにお話をすると、お布施をいただくことも多いため、僧侶は法施をするのです。
つまりお金をもらう替わりに、皆さんのためになるような仏教の話しをする。
これが法施です。

私が人前で話す時に注意すること。

それは、聴いている人の気持ちになることです。
そのためには相手の表情をよく見る。
つまらなそうにしているのか、楽しそうに聴いているのか
笑っているのか、眠そうにしているのか、などなど。
相手の表情を見て、話しを少しそらしたり、質問を投げかけたりします。
自分のペースではなく、常に相手の反応、理解度を確かめながら、
話をしていきます。

話しをする時に何よりも大切なことは、心を込めて話をすることです。
真剣に話しをします。
これが一番です。
一生懸命話しをすれば、たとえ拙い話しをしても相手の反応が
必ず返ってきます。
そして自分の言葉で話すこと。
人から借りてきた言葉ではなく極力、自分の気持ちを忠実に
言葉にしたためることです。
これは、あくまで私の経験から思ったことです。

今回は話すことについて書きましたが、聴く姿勢も同じだと
思っています。
話し手が今どんな気分なのか、退屈そうであれば質問を
投げかけてみる。
話し手と聴き手は表裏一体だと思います。
話し手の気持ちが分かれば、聴き手の気持ちが分かる。
聴き手の気持ちが分かれば、話し手の気持ちが分かる。
聴くトモとして学んできたことが、話す時にとても役に立っています。

NPO法人 LightRing.
- 誰もが、自らこころの健康を整えることのできる社会へ -
-----------------
■傾聴聴くトモプログラム
http://www.alight-kikutomo.com/?page_id=57
◎予約制 火曜@渋谷PUBLICHOUSE
◎定期型 毎週木曜@表参道uznaomom
◎予約制 土曜@渋谷PUBLICHOUSE               

【twitter】 @a_light_staff
【a.light Blog】http://alightstaffblog.blog129.fc2.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。