スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月20日火曜聴くトモ@渋谷 「青少年の自立支援」

 火曜聴くトモ、てんこうです。

 先日、福生にあるNPO青少年自立援助センターへ行ってきました。
福生といってもピンとこない方も多いかと思います。
福生は新宿から青梅方面にJRで1時間ほど。
自立援助センターは駅から徒歩10分で、横田基地がすぐ目の前にあります。
このNPOは引きこもり、不登校、障害児の自立支援をしている団体です。

 この施設には寮があり、寮で生活している方は約40名。
寮は個室でネット環境が整っており、エアコン、クローゼット、その他共同の洗濯機、お風呂などがあります。
他の施設では相部屋になることも多いようですが、ここは敢えて自主性を重んじるために個室にしているとのこと。
自室にパソコンがあれば、引きこもりになってしまうのでは?という疑問もあり、実際にそうなる方もいらっしゃるそうですが、あくまでも本人の自主性にまかせているそうです。
寮生活はしなくても、施設へ自宅から通所されている方もいらっしゃいます。
ここでの起床時間は強制ではなく、個人の生活スタイルに合わせて起床するそうです。
ただし、作業が開始する午前8時30分に起きることになります。
作業とは主に福生市から委託された公民館の清掃、資源ゴミの回収などです。
今回は、利用者の方と一緒に公民館を清掃したり、車イスを解体したりしました。
とにかく、利用者の方は真面目に、ひたむきに働きます。
ただし、これには理由があるようです。
「コミュニケーションが苦手だから」という理由です。
作業中の職員、利用者の方の私語はほとんど皆無でした。
人と会話をするのが苦手だから作業に没頭する。
作業の効率が悪くなるということもあるかもしれません。
これは、とある利用者の方から聴いたお話です。
この話しを聴いた時に、職員の方ももう少し積極的に利用者の方に声を掛けることが良いのではないかと思いました。
利用者の方が自立するためには、自分の言葉で話さなくてはなりません。
利用者の方に話しかけることは、話す事に対しての抵抗を減らすことに繋がります。
その手助けをすることが、社会への復帰を早めるのではないかと思うのです。

 自分のことをうまく表現することは難しいです。
難しいけれども失敗を恐れていては何も話すことはできません。
自分のことをうまく話せなければ、人に気持ちを伝えることもできません。
いかに自己表現できるかを手助けすることが、利用者の方に必要なことかと思います。

 聴くトモは、普段から皆さんに安心して話せる環境を用意しています。
言葉に出来ない声を、いかに汲み取るかを常に意識しながら活動をしています。
もし、このブログを読んで興味を持たれた方は、渋谷にお越しいただけるとうれしいです。



NPO法人 LightRing.
- 誰もが、自らこころの健康を整えることのできる社会へ -
-----------------
■傾聴聴くトモプログラム
http://www.alight-kikutomo.com/?page_id=57
◎予約制 火曜@渋谷PUBLICHOUSE
◎定期型 毎週木曜@表参道uznaomom
◎予約制 土曜@渋谷PUBLICHOUSE               

【twitter】 @a_light_staff
【a.light Blog】http://alightstaffblog.blog129.fc2.com/
-----------------
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。