スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひきこもり」「不登校」支援について

 火曜日、聴くトモ、てんこうです。

 先日、私は代表に教えていただいた「ひきこもり」「不登校」の方への訪問支援講座を丸一日かけて受講してきました。
今日はそのことについて書こうかと思います。
講座では、午前中ひきこもり支援について体系的に学び、午後はロールプレイを行い、学びを深めました。

 ひきこもりになるプロセスは4段階あるとのこと。
① 「混乱期」②「対決期」③「回避期」④「固定期」の4つです。
①「混乱期」は、本人が「ひきこもり」「不登校」の現状を受け入れられず混乱している状態。
②「対決期」は「ひきこもり」「不登校」の現状を家族に責任転嫁をし、自傷行為、暴力行為をする状態。
③「回避期」はネットやゲームに夢中になることで家庭は一旦落ち着くが、「ひきこもり」「不登校」の現状は何ら解決してない状態。
④「固定期」は当事者、家族とも「ひきこもり」「不登校」の話題に触れることなく、事なかれにしてしまう状態。
①~④の段階で家族が、当事者支援団体に相談に来るときは④「固定期」だという。
既にこの状態での支援は長期化の様相を呈するとのこと。
予防策があればよいのですが、①~③の状態において、家族は自分の子どもが、ひきこもりになることには気付かないことが多いようです。
結論として①~③の状態を見極めるためには、早め早めの対応をしていくしかないとのこと。
 
 これを読んで「私はひきこもりじゃない」「そんなはずがない」と思われるかもしれませんが、もしかしたらがあるかもしれません。
まずは①~④をチェックしてみてはいかがでしょうか。
後々のことを考えれば「私は大丈夫だ」という安心へとつながるからです。

 今回この講座を受講して、私たちがやっている聴くトモは、「ひきこもり」「大学を休学する若者」の予防につながるのではないかと思います。
私たち、聴くトモは、その予防策として皆さんの小さなサインを見逃すことがないよう日々研鑽を積んでいます。
些細な悩みなんて思わずに、私たち聴くトモを頼っていただけるとうれしいです。
きっと何かが見えてきますよ。


*聴くトモプログラム*
毎週火曜日18:00~21:00@渋谷駅新南口直結PUBLIC HOUSE
毎週木曜日17:00~20:00@原宿キャットストリートuzna omom
毎週土曜日14:00~17:00@渋谷駅新南口直結PUBLIC HOUSE
予約はこちらから→→
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dG95c2pTalJBR2xNRjRVcFZoVUxHYXc6MQ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。