スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聴くトモ】まなざしが怖いとは

こんにちは、アライちゃんです。
すっかり夏ですね!冷え性の僕には嬉しい季節になりました^^

【目線でのコミュニケーション】

大学に入ってからはボランティアの現場や勉強会に参加することで様々な方とお話しさせてもらう機会がありました。人によって考え方が違うことが非常に勉強になりましたが、コミュニケーションの仕方(表情の使われ方、声のトーン、言葉選び、話すリズム、など)にだって当然のごとく個性が出るわけですよね。


目線についていうと、話している中で目線を合わせたいと思う量が、個人にそれぞれあって(さらに相手や状況にも左右されるかと思いますが)、人一倍がっちり目線を合わせるコミュニケーションスタイルを持っている方もいらっしゃるものです。
参加し始めの頃を振り返ると、初対面の方とお話しさせてもらっていて、じっと見つめられたりすると、率直に「苦手だな」と思うことがしばしばあったんです。(あくまで自分が感じていた印象であって、そういった方々のことを批判するつもりはないのです)

【自分の弱さを隠しながら】


なぜ苦手であったのか――それは自分の自信のなさからくるものでした。


当時僕は、「いろいろな現場を自分の目で見てみたい」「様々な立場の人から話を聞いて学びたい」という一心で、様々な場所に出かけて多くの人とかかわっていました。その一方で僕は「この場に適応することができるだろうか」「初対面の人とうまく話せるだろうか」と、いつも不安や自信のなさで一杯であったのです。そんな中でじっと見つめられたりすると、自分の弱さを見透かされているようで耐えられない思いがしたのです。(まあかなりの被害妄想ですよね笑)

【自分だって傷つけてしまうかもしれない】


最近になって、気になったのは、自分も誰かにいやなまなざしを送ることだってあるのではないか、ということです。
恐ろしい事に(?)自分に自信が持てるようになるにつれて、聴くトモとして経験を重ねるにつれて、初対面の相手に対してじっと見たりすることをやろうと思えば平気で出来るようになってしまったのです。


以前の自分のように、自信を持てない人が、僕の目の前にいて、初対面にもかかわらず僕が無神経にも目線でプレッシャーを与える、そういったことは十分あり得るわけです。
自分が経験した嫌な思いを他の人にさせてしまうかもしれない、すごく恐ろしい事です。

目線の使い方はまだまだ勉強中です。


第三期聴くトモ養成講座のご案内はこちら。ご応募お待ちしてます^^
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。