スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2期聴くトモ養成講座7/17

こんにちは!聴くトモ候補生の、てんこうです!
渋谷で行われた聴くトモ養成講座7月17日(第6講)の
レポートをさせていただきます。

前回の講義に引き続き、プロコーチの井原くみ子先生
にお話しいただきました。

風景


今日は主に傾聴のロールプレイを中心に行いました。
最初のテーマは「自分史を語る」です。
3人ずつのグループに分かれ、
A:話し手、B:聴き手、C:オブザーバー
を順番に体験。
今まで生きてきた中で一番印象的な出来事を
思い思いに話しました。

ロールプレイ1

先生からはオブザーバーに対して諸注意が。

聴き手の評価判断はしない

あくまでも聴き手の姿勢、態度、表情、クセ
を観察し、善し悪しを判断しないとのこと
でした。

しかし、実際やってみるとなかなか難しいです。
どうしても一言物申したくなってしまいます。
そこをグッとこらえて、オブザーバーは聴き手を
じっくり観察しました。

ロールプレイの順番を一通り終えると、
a.light代表の石井さんからこんな質問が…。

「話し手が話し下手。でも話しを聴いてもらいたい。
こんな時にはどう対応するのか?」


この問いに対して、みんなで悩んだ結果

・アイスブレイクをする
・沈黙を恐れない
・話し手、聴き手の共通点を探し出す
・話し手に安心感を与える
・話し手に感謝の気持ちを表す

などなど様々な意見を交わしました。

この講座の最後では、二人ずつのペアになり
話し手の悩みを想定し、傾聴ロールプレイを
行い、第6講目は終了。

講座終了後、聴くトモ候補生の方のご協力に
より、たくさんの感想をいただいたのですが、
「話し手」「聴き手」「オブザーバー」を
経験することで、自分を客観視できたという
意見がとても多かったです。

これからは「聴き手」の立場に捉われること
なく、「話し手」、「オブザーバー」の視点を
意識することがとても重要であると思いました。

拙い文章を最後まで、お読みいただき誠に
ありがとうございました。

全員1

井原先生オススメの本です。

インクルーシブセラピー―敬意に満ちた態度でクライエントの抵抗を解消する26の方法インクルーシブセラピー―敬意に満ちた態度でクライエントの抵抗を解消する26の方法
(2007/10)
ビル・オハンロン

商品詳細を見る



プロフィール

Light Ring.

Author:Light Ring.
こころの病の社会問題解決を
予防の観点から目指していく
特定非営利活動法人LightRing.
聴くトモブログ

理念については【こちら】を、
活動内容については【こちら
聴くトモプログラムについては
こちら
ご覧下さい*

お問い合わせはこちらまで☆
a.light.mhip@gmail.com







カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
学生団体検索サイト「学なび」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メルマガ購読、解除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。